消費者金融はおまとめローンに向いてる?

消費者金融審査甘いはおまとめローンに向いているかどうかですが、ケースバイケースなので一概には言えません。それぞれの状況に応じて、メリットがあるかどうかをしっかりと計算してみることが重要です。

例えば、金利14%の銀行カードローンで借りている人が、消費者金融の金利15%のおまとめローンを利用することにはメリットがないどころか、デメリットがあります。逆に、貸金業者からそれぞれ40万円、30万円、30万円の合計100万円を金利18%で借りている場合なら、借り換えをすることでメリットが生じます。

消費者金融で金利18%で借りている場合に、金利の低い銀行カードローンに借り換えをする場合には、金利を大きく下げることができます。しかし、消費者金融からの借金を消費者金融でおまとめする場合には、それほど大きく金利を下げられるわけでもありません。

もちろん、4社から金利18%で50万円ずつを借りている場合なら、1社で200万円をまとめることで、金利は大きく下がる可能性はあります。しかし、このようなケースでは審査がとても厳しくなります。年収に余裕がある人でなければ、このようなまとめ方をすることは難しいでしょう。

結論として、消費者金融のおまとめローンは、銀行カードローンなどに比べると金利を下げる効果は少ないです。しかし、わずかでも負担を減らせることや、複数のローンを1つにまとめることで、返済の手間を減らせたり、手数料を節約できたりといったメリットも生じてきますので、意味がないわけではありません。